現代の婚約指輪

気になる婚約指輪の相場

婚約指輪は以前は給料の三ヶ月分が相場とも言われ、大きなダイヤモンドのプラチナリングが主流でした。しかし日本の景気も大きく変化し人々の価値観も多様化している現代では婚約指輪の選び方も変化しています。近年ではだいたい30万から40万程度が相場と言われており、そのくらいの値段から購入出来る婚約指輪もたくさんあります。もちろん、婚約指輪は購入しないという方もいれば高価で高品質なものを選ぶ方もいます。相場はあくまで参考程度にとどめておき、本当に自分たちが気に入ったものを選ぶと良いのではないでしょうか。婚約指輪は一生に一度の大切な物です。流行や他の人の好みに惑わされ過ぎず、強い信念を持って堂々と選びましょう。

既製品からオーダーメイドまで

幼い頃から結婚式を夢見ていたという方にとって、既に決めているブランドのデザインがあるということも珍しいことではありません。また、映画やドラマで出てきたあの指輪をもらいたいという憧れもあるでしょう。このように婚約指輪にはデザインが完成している既製品もあれば、どこにも存在しない唯一無二のオーダーメイドの婚約指輪もあります。また、ある程度のデザインは決まっていてそこから地金の素材や石を選ぶセミオーダーなどもあります。特定の指輪に憧れがある方は既製品、完全なオリジナルが良ければオーダーメイドが良いでしょう。セミオーダーは予算に応じて好みの婚約指輪を選べるため特に人気があり多くのジュエリーショップでも扱いがある方法となっています。